algo

4月のてしごと「日本の伝統工芸技法、七宝焼きを学んでアクセサリーを作りましょう」

つやのある質感。色鮮やかな美しさ。
七宝焼きは日本特有の工芸品です。
その伝統工芸の技法である七宝焼きを「たくみの里 七宝の家」の大堀由里さんに教えて頂きます。

大堀さんは従来の七宝焼きにとらわれず
カジュアルなデザインのもの、可愛らしい色合いのものなど様々な作品を作っています。
今回はそんな普段使いも出来る七宝焼きのアクセサリーを作ります。

はじめに七宝焼きの種類や技法のことを学び
それからペンダントやブローチをつくります。
ペンダントはマカロンカラーの可愛らしいペンダント、
ブローチはベネチアンガラスビーズを使ったブローチで
どちらも、カジュアルにもエレガントにも合わせられるアクセサリーです。


イメージ






この炉の中で変化して、七宝焼きが産まれます。
祈るような気持ちで出来上がりを待ちます。

是非この機会に、七宝焼きを体験してみませんか。
ご予約お待ちしています(^^)

・日時:4月6日木曜日, 7日 金曜日 午前の部、午後の部
・講師:大堀 由里 (たくみの里 七宝焼きの家)
・おやつ&焼き菓子:ティアツリー
・参加費:ペンダント制作3,200円、ブローチ制作3;800円
※ 参加費には材料、講師料、おやつ、ドリンク代が含まれます。

お申し込みはお問い合わせのページ、またはお電話080-8423-3179 アルゴまで。

2017-03-18 saturday / てしごと

ページトップへ